スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DNAの血液検査で癌の徴候を検知できるか

2012.12.16.Sun.22:52

20121210_w04.jpg患者にがあるかどうかを判定するのに医師が日常的に利用できるDNAベースの血液検査の可能性を示す研究論文が「Science Translational Medicine」11月28日号に掲載された。


この研究は予備的段階のものであり、この検査でが検出されたとしても、その結果の扱い方が大きな問題となる可能性もある。それでも、の遺伝子検査は大きな前進となる可能性があると、専門家らは言う。米ジョンズ・ホプキンス大学(ボルティモア)キンメルセンターのVictor Velculescu氏は、「この検査は、を早期に発見し、治療を受ける際にの程度を知るための1つの手段となりうる」と述べている。


現在、血液検査としてはに対する生体反応を検出するものが複数あるほか、血液中の細胞を検出する方法も開発されている。今回の検査法は、細胞が死滅する際に血液中にこぼれ出るDNAの徴候を検査するという点で独特のものであると、Velculescu氏は説明している。


今回の研究では、この検査法により、乳または大腸の患者10人と健康な被験者10人と比較して「違い」を検出できることが明らかにされた。誤って健康な被験者にの存在が示されることはなかった。あらゆるにこの検査を適用することが可能であると、Velculescu氏は言う。費用は数千ドルだが、最終的に価格は下がると同氏は予想しており、将来的にはこの検査が定期的に実施され、生検を必要とせずにを検出できるようになる可能性があると述べている。現時点では、さらに研究を重ねる必要がある。


この検査での徴候が検出された場合、その後どうするかという問題も出てくる。PSA検査として知られる前立腺のスクリーニング検査は、一部の患者が不必要な治療を受けている可能性があることから、議論の的となっている。しかし、米国協会(ACS)のOtis Brawley氏は、スクリーニングの血液検査は日常診療の一部となっていくことが予想されると述べる。患者のの程度を評価する目的で生検の代わりにこの検査法が利用される可能性もあると指摘している。(HealthDay News 11月28日)


http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=671060
Copyright (c) 2012 HealthDay. All rights reserved.



スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。