スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵白摂取による内臓脂肪減少メカニズムの研究。筋肉での代謝を高めることに着目/キユーピー

2012.12.15.Sat.14:30

キユーピーは、卵白の摂取が筋肉での代謝を高め、内臓脂肪を減らす可能性があるという試験結果を得ました。この研究について、12月15~16日に開催される第10回日本機能性食品医用学会(会場:東京慈恵会医科大学/東京都港区)で発表します。


 キユーピーでは鶏卵の栄養機能や調理特性について研究を進めており、これまでの卵白に関する研究では、卵白が血中コレステロールの低下や内臓脂肪を低減させること(※1)、卵白ペプチドが生体内の抗酸化力を高めること(※2)などを確認しています。
 今回の研究では、卵白の摂取により内臓脂肪が減るメカニズムの検討を目的としました。卵白を摂取したラットは、乳タンパク質(カゼイン)を摂取したラットと比較して内臓脂肪量が減少するとともに、骨格筋(※3)重量が増加し、骨格筋の脂肪燃焼酵素(※4)活性が高まっていることがわかりました。これらの結果から、卵白を摂取することで、脂肪燃焼が主におこなわれる筋肉での代謝が高まり、結果として内臓脂肪が減少する可能性が示唆されました。


 本研究は、東京慈恵会医科大学と独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所との共同で行いました。


※1 キユーピーアヲハタニュース 2010年 No.30 (関連資料参照)
※2 キユーピーアヲハタニュース 2007年 No.71 (関連資料参照)
※3 筋肉の一分類であり、骨格を動かす筋肉
※4 カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ:ミトコンドリア(細胞内組織の1つ)での脂肪燃焼にかかわる酵素



※リリースの詳細は関連資料をご参照ください

【関連資料】
◎リリースURL/PDF(キユーピー株式会社 2012年12月13日発表)
http://www.kewpie.co.jp/company/corp/newsrelease/2012/71.html

◎※1 キユーピーアヲハタニュース 2010年 No.30
http://www.kewpie.co.jp/company/corp/newsrelease/2010/30.html

◎※2 キユーピーアヲハタニュース 2007年 No.71
http://www.kewpie.co.jp/company/corp/newsrelease/2007_071.html

◎キユーピー株式会社:公式サイト
http://www.kewpie.co.jp/



スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。