スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化系エイジングケアブランドに保湿クリームが誕生

2012.12.14.Fri.00:35
121205-a_copy.jpg

(株)プレミア・ビューティー・アンド・スパは12月上旬より、進化系エイジングケアブランド「リコプロ フェイスケア」の保湿クリーム『インプルーヴ ディープ クリーム』を新発売する。直営のエステサロンで販売するほか、新規販売代理店も募集する。


同製品は、遺伝子レベルでrecover「修復」とprotect「保護」に着目したエイジングケアコスメシリーズに新たに加わった美容クリーム。クレンジングからジェルクリームまで6ラインナップが揃う中で、シーズンに応じたオプショナルケアアイテムとして、話題の成分などを厳選配合する。


「製品のコンセプトは、“『補う』から『みずから潤う』肌質へ”。ポイントは大きく2つあります。再生医療・美容業界で大注目されるプロテオグリカンを高配合したこと。有効成分を確実に届けるマイクロカプセルを採用したこと。いいものを確実に届けることで、単に補うだけでなく、深部までをケアすることにこだわりました」と同社担当者は説明する。


メイン成分のプロテオグリカンは、サケの鼻軟骨をそのままの姿で抽出した機能性成分で、医療業界でも様々な病気の治療に活用される。もともと人間の皮膚や軟骨などに広く分布しており、肌のハリや弾力、潤いを守る働きがあるとされる。


有効成分を着実に届ける役割を担うリポゾームは、内包された有効成分が必要なところにそれぞれ放出され、深部まで浸透し、じっくりと作用。優れた機能性から医療にも使用される。同製品では、クリームの利点を生かし、その数量を全体の多量に使用することを実現している。


その他、オランダセンニチ花エキス(輪郭矯正)、ダーマクロレラ(むくみ改善)、トリプルイソフラボン(コンディションの安定)、AC-11(修復)など、美容系成分を厳選配合し、確かな機能性の実現へ細部までこだわりを貫く。

121205-b_copy.jpg

モニターによる検証では、4週間でたるんだ毛穴が縮み肌が明るくなった20代女性や、顔のむくみが減少しほうれい線が薄くなった30代女性、目元のシワが劇的に減少!全体的にツヤが戻った40代女性などがいたという。いずれもラインでの使用だったという。


製品の税込み価格は、10,500円(30g)。その他のリコプロ フェイスケア製品のラインナップは、クレンジングジェル、ウォッシングフォーム、コントロールローション(ph調整化粧品)、モイストローション(化粧水)、ゼローEX(美容 液)、ジェルセラムクリームの6アイテム。



スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。